2004/04/10

●日本酒 「鰊御殿」

北の誉酒造(北海道小樽市)

純米大吟醸
山田錦
精米歩合50%


 日記にも書いたが、北海道からきた親友K・Y医師の手土産だ。明治初期、北海道の日本海で鰊が大量に捕れ、巨万の富を得た網元が呑んでいた贅を尽くした酒を再現したという。ふくよかで透明感のある洋ナシのような香りと米の気品ある深い味わいで、2人でスルスルスルと呑んでしまった。

◆皆さんのご意見◆(メール若しくはBBSで、この銘柄に対する思い出やご意見をお送り下さい)




  
2004/03/15

●日本酒 「渓流・しずく」

遠藤酒造場(長野県須坂市)

大吟醸・酒袋から自然に滴り落ちるしずく取り酒
山田錦
全国新酒鑑評会金賞受賞
限定500本 No,362


 自費出版山岳写真集・大塚絹子氏の「後立山連峰」(信濃毎日新聞社)の編集と装丁を請け負った。その御礼として頂いた酒である。
 遠藤酒造場がある須坂市は真田町の北西の隣。この造り酒屋の「活性・濁り酒」が結構旨く、冬のシーズンにはよく飲む。さすがに全国新酒鑑評会金賞受賞の酒、香り、味のバランスがよく呑みやすい。

 自費出版山岳写真集・大塚絹子氏の「後立山連峰」(信濃毎日新聞社)オールカラー・A-4変形・84ページ・定価3000円。作者のお人柄だろう、山の空気がフワッと伝わってくる素敵な写真だ。自費出版だが、長野市の平安堂、須坂の書店で手に入る。購入したい方はメールで当方へご連絡ください。 

◆皆さんのご意見◆(メール若しくはBBSで、この銘柄に対する思い出やご意見をお送り下さい)







  

州庵の晩酌日記

今宵の酒

真田州庵のサイト トップへ

最新の「州庵の晩酌日記」へ