写真ギャラリー 1 「原宿 '80」
作品ギャラリーへもどる

 1980年に長野県上田市のギャラリー喫茶NEXTで「原宿 '80」と題して個展を開催した作品の一部である。
 当時、代々木公園の歩行者天国を埋め尽くしたロックンローラー族と竹の子族を半年かけて追ったドキュメントフォトである。
 取材していて驚いたのは、数十のグループの代表者による協議機関があり、カリスマ性にとんだトップを選出していたことだ。歩行者天国の場所取りや喧嘩などのトラブルを自らが解決しようとする独特の社会が成立していた。非常に礼儀正しい中高生が殆どで、スカウトマンに見出されデビューしたタレントも多かった。
 今でも印象として残っているのは「目」の表情だ。情熱的な目の表情を持つ子はどこにもおらず、冷めた目なのである。しかも、皆、同じような目の表情だった。

※ボタンをクリックするとスライドショーが始まります