さて、呉須絵皿用の銅板染付転写紙というものをご存知だろうか。この珍しい転写紙は伊那谷の高遠町にある骨董屋で手に入れた。その店の主とは取材で知り合ったが、今では焼酎を傾ける仲だ。主の執務室であって応接室、逸品・珍品展示室を兼ねた部屋の片隅に、無造作に置いてあった。店というものは主の人格が反映されるが、骨董屋ほど如実に表れるものはない。この骨董屋は何が出てくるか分からない不思議な店。侮れない。出張の度に骨董屋を巡り、気に入った陶磁器を手に入れているが、陶磁器が生み出されるための材料や素材のアンティークと出会うのは、実に稀なこと。
 ところで、藍色の絵付けの小皿や猪口などは、骨董の陶磁器入門に最適なものだ。骨董屋やアンティークショップに顔を出す方なら、数点は持っているはずである。実際に、古美術店の骨董の中には、藍色や緑の釉で絵付けされた小皿や猪口があり、必ず数個のセットで見かける。絵柄は全て同じで、大量生産されたものだ。
 これらの陶磁器は、"印判絵付け"と呼ばれ、型紙、凸版・平板によるもの、銅板転写紙の三手法があり、手法によって年代が分かれる。江戸期では、伊万里を中心に美濃・瀬戸、京都などでよく見られるが、銅板転写紙は天保年間(1830〜1844)、瀬戸で成功したと伝えられている。幕末にはヨーロッパから舶来した銅板プリントウエア(食器など)の精緻な技術に影響され、わが国で開発されていた銅板転写紙は、より一層クォリティーを高めていった。明治期に入ると陶磁器の量産は、市民層の拡大とともに増大する。文明開化の時流は、陶磁器生産界にも技術革新と分業専門化が持ち込まれ、型紙や転写紙の専門家が登場し、広く製造販売されることになる。藍色を発色する呉須は神経質で転写紙の品質が左右したという。明治30年代には、本場ヨーロッパ製にもひけをとらない転写紙が製造され、やがて名古屋市が中心的生産地となっていった。
 ご覧のように転写紙の文様は鳳凰・菊・唐草・桐などでエキゾチックな雰囲気を持ち、細かく丁寧な仕事の銅板が微妙な絵の具の濃淡を再現している。MADE IN JAPANの文字からもわかるように輸出用の陶磁器に使われたものだ。この転写紙を数ピースに切り、湾曲した生地に丁寧に貼り付ける。ハケで水を塗り、生地からはがすと、絵柄が転写したらしい。転写紙など印判手の小皿や猪口の楽しさは、曲面のある器に数ピースの絵柄を付けるため繋ぎ目にずれがあり、同一の絵柄でも一枚一枚に変化が見られることだ。

#006●明治期・呉須絵皿用銅板染付転写紙